FC2ブログ

RICK SPRINGFIELD 「WORKING CLASS DOG」

こんにちは。今日は冷たい雨の一日になりそうです。
こんな時は家に籠って大好きな音楽を聴きまくるのが一番です(笑)
朝から懐かしいCDアルバムを聴いて、まったり過ごしていますよ♪
そこで、今回投稿するアルバムは学生時代によく聴いていたコレです!

RICK SPRINGFIELD WORKING CLASS DOG

(1980年リリース)

リック・スプリングフィールドの出世作ですね!売れました!!
これは5作目のアルバムかな?俳優としてはアメリカでも知名度が
そこそこあったようだけど、音楽面では苦労してたみたいですね。
WORKING CLASS DOG」のリリースでやっとブレイクしました!
適度にハードでポップな、いかにも売れそうな曲が詰め込まれている♪
聴いていて気持ち良くなり元気が出てくるサウンドは病みつきになります。
ニール・ジェラルドパット・ベネターの旦那?)のギターが良いですね~🎸
なんと、超以外にもロベン・フォードも参加してるんですよね!ビックリ!!
JESSIE'S GIRL」が大ヒットして、確かグラミー賞も受賞したんだよね!



私がリック・スプリングフィールドを知ったのは中学2年生の頃だったかな?
AFFAIR OF THE HEART」をラジオで聴いて、一発で気に入ってしまい、
親にお子遣いを前借りして当時の新作アルバム「LIVING IN OZ」を買いました。
聴きまくる日々が続き、それから遡って「WORKING CLASS DOG」を入手した♪
こちらもレコードの溝が擦り減るぐらいに聴きまくりましたよ♪よく聴いたなぁ。
車を運転するようになってからもドライブのBGMで大活躍したアルバムです!
今でも時々聴きながらドライブするけど、気持ち良く運転できるサウンドだね♪



リック・スプリングフィールド 「リヴィング・イン・OZ」

G・Wに入りました! 家族に迷惑がかからない程度にできるだけ
大好きな音楽と接する時間を持ちたいと思っているのだが・・・。

そういえば去年の今頃、大阪へリック・スプリングフィールド
ライヴを観に行ってきたんだよな! と思いまして
リック・スプリングフィールド 「リヴィング・イン・OZ」を聴いてみた!

 

1983年発表の3rdアルバムで、彼の作品で一番好きなアルバムです!
80'sを代表する男性ロック・ボーカリストの一人ですね!
ルックスも抜群で俳優業もこなしていたこともあり
ロックを聴かない女性にも人気がありました!
適度にハードで聴きやすいロックを演奏していて、
当時はヒットを連発してたよなぁ。

当時、私は中学2年生で洋楽にハマっていた時期でありました!
ラジオを聴いていると、発売間近である「リヴィング・イン・OZ」
特集番組が放送されていて収録曲の数曲がかかっていた。
その中の1曲であり、ファースト・シングルになった
「アフェア・オブ・ザ・ハート」を聴いてビビッときました!
「なんてカッコイイ曲なんだ!」
これは、レコード絶対に欲しい、と思いまして忘れないように
アーティスト名、作品名をメモしていましたよ!
そして、発売当日に親にせがんでお小遣いを前借りしてもらい
レコード店にワクワクしながら行ったものでした!
当時はレコードを買うことが最高の喜びだったなぁ。



狂ったように全曲何度も聴きましたね~ (笑)
親からは「よく飽きずに何回も聴いとれるね」なんて
呆れた様に言われたものでした。
いつも、新しくレコードを購入した時は部屋に篭もり
勉強そっちのけで聴いてましたからね。

今でも時々、彼の作品を聴いては学生時代を思い出したり
当時の音楽仲間と会う時の話のネタにしています。
なぜか盛り上がるんですよ(笑)

今日もしっかり全曲聴いて、歌える箇所は合わせて歌ってました!
「ソウルズ」もいいね~ !



ほんとに還暦なの!? リック・スプリングフィールド

先月28日に大阪ビルボートライブで
リック・スプリングフィールドのライブを見てきました
中学生の頃の念願がやっと叶いました
ライブの内容は2ステージということで1時間ちょっとと短かったのですが
新曲を数曲やって、あとはグレイテストヒッツのオンパレード
後半の「ヒューマン・タッチ」では上半身裸になり還暦とは思えない肉体美を披露!
そのまま客席に降りてきてテーブルや椅子の上を渡りながら
オーディエンスと握手&ハグ!  サービス精神旺盛でしたね!
私もガッチリと握手をしてもらい感激いたしました
この時ばかりは中学生の坊主になってましたね。
アンコールを一度やって あっという間の至福の時間は終了しました
派手なステージアクションに引き締まったボディは
とても還暦を迎えた肉体とは思えませんでした!
欲を言えば大好きな「アリソン」を演奏してもらいたかったのですが・・・。
でも、とても楽しめて興奮したライブでした

DSCN1702_convert_20101016145445.jpg

プロフィール

ぶらうん佐藤

Author:ぶらうん佐藤
ジャンルを問わず音楽を聴くのが
大好きな50代のオッサンです。
音楽って良いですね~♪

フリーエリア

カテゴリ

CAB (1)
DIO (1)
TEN (1)
TNT (1)
U2 (1)
YES (1)
CBA (1)
B'z (1)
RX (1)

QRコード

QR

検索フォーム

ブロとも申請フォーム