FC2ブログ

ラテン・ロック炸裂! サンタナ 「天の守護神」

昨日、ここ愛知県も梅雨入りした。平年より12日早い梅雨入りらしい。
おまけに大型の台風も接近しているようで災害には十分注意が必要な週末である。

前回の記事で高中正義を取り上げみて、しばらく高中の作品をいろいろと聴いていたが、
そうしている内に、サンタナの作品も聴きたくなってきていた。
この二人のギター・サウンドを知っている方なら分かっていただけるかな!?
そう、今回登場するカルロス・サンタナ高中正義のギター・サウンドは
よく似ていまして、「熱くてエロい」のである!
断言してしまったが、私自身そのように感じるギター・サウンドなのです。

そこで、カルロス・サンタナ「熱くてエロい」ギターが聴ける作品で
大傑作のセカンド・アルバム サンタナ 「天の守護神」 を聴いた!



1970年に発表されて大ヒットした作品でございます。

ラテンのリズムに乗り、ロング・トーンを多用して官能の世界を構築していく
カルロス・サンタナのギターは聴いていて、やはり気持ちが良い!
特にフリート・ウッドマックジョン・メイオール&ザ・ブルース・ブレイカーズ
素晴らしいギターを聞かせてくれたピーター・グリーンの作である
「ブラック・マジック・ウーマン」で聴かれるカルロス・サンタナのギターは
絶品でして、大変気持ちが良く、何度も聴いてしまう。
パーカッションもエロさを盛り上げてくれている・・・(笑)



この曲ばかりでなく、アルバム全体がラテンの雰囲気ムンムンでして
熱くて、粘っこくて汗臭い演奏を楽しむことができる!
メンバーの情熱と強烈 なエネルギーを感じさせてくれる。

このアルバムのサウンドを聴くとやはりビールが飲みたくなってくる!
ビア・ガーデンでBGMに「天の守護神」がかかっていたら
何杯でもビールが飲めちゃいそうでヤバイです!!



高中正義 「TRAUMATIC・極東探偵団」

先週から愛知県も夏日が続いて暑かった。帰宅後のビールがうまい!
女性の服装も薄着になり、男性には嬉しい季節の到来です!! (笑)
相変わらず、ロックやブルースを聴いてることが多いのだが、
暑くなってくるといつも聴きたくなるギタリストがいる。
ご存知!? 高中正義である。

今回は数ある彼の作品の中から「TRAUMATIC・極東探偵団」を選んで聴いた。


1985年に発表されて大ヒットした作品である!

私が高中正義の作品で最初に手にしたアルバムです。
高校1年生の時に見ていたTVの音楽番組に高中正義が出演していて、
大ヒットした名曲「渚・モデラート」を演奏していた。
当時はロックを好んで聴いていた時期であったが、
このミディアム・テンポの美しい曲にTVの前で魅了されていた。
あの歪んでいながらも、どこか温かいギター・サウンドが心地良く感じたものでした。
翌日、音楽好きの友人に話すと彼も見ていて気に入ったらしく、
レコードを購入するとのことで、購入した後にカセットにダビングをお願いした。



全曲打ち込みを中心としたリズムに高中正義の極上のギター・サウンドが
心地良いメロディーを奏でるといった、聴いていて実に気持ち良いアルバムです!
彼の素晴らしいギター・テクニックも存分に堪能させてもらえるし、
女性コーラスも心地良さを増幅させてくれています。
M-5「Traumatic」の途中で聞かれる岸田今日子のナレーションには

ちょっと背筋がゾクッとするような感覚を覚えましたが・・・(笑)

後に彼の作品を集めるようになっていくことになる。
初期のトロピカル・サウンドが詰まっている作品もよく聴きました。
初期の作品には文句なしの夏向きの作品が揃っています。
「TRAUMATIC・極東探偵団」の作品以降はブラック・ミュージック寄りの
ダンス・ミュージックのようなサウンドの作品をしばらく発表していたが・・・。


昨日は名古屋も30℃を越す真夏日になり暑くなりました。
そんな中で高中正義「TRAUMATIC・極東探偵団」を聴いたが、
やはり心地良く聴けてクール・ダウンすることができた!
ギター・サウンドが大変心地良くて癒されてしまった。
初期の作品も聴きたくなってきた!



アイアン・メイデン 「パワー・スレイヴ~死界の王、オシリスの謎~」

先日、中学生時代からの友人宅にもう一人の友人と新居拝見ということで
お邪魔することになり、近況報告や音楽話で盛り上がっていた。
友人宅の新居は21階建てのマンションの10階になり、眺望良好でして
気分良く音楽談義をすることができた!
話の中で、震災によるアイアン・メイデンの来日公演が
中止に なってしまい残念だった、という話題にもなり、
「そういえば、アイアン・メイデンしばらく聴いてないなぁ」
と思い、その日の帰宅後に中学3年生の時に発表されて
ジャケットもお気に入りの作品であるアルバム、
アイアン・メイデン 「パワー・スレイヴ~死界の王、オシリスの謎」
かなり久しぶりに聴いてみました!


パワースレイヴ


1984年に発表された彼らの5作目になります!
私がアイアン・メイデンのサウンドを初体験させてもらい
かなり衝撃を受けた作品でもあります!!

へヴィ・メタルに興味を持ち出した中学3年生の時に
アイアン・メイデンジューダス・プリーストなどのへヴィ・メタル・バンドの
サウンドはどんなに強烈なものなのか?と聴きたくなり、
まず、発売されたばかりの本作を購入してみました!

M-1「撃墜王の孤独」を数秒聴いただけで興奮していました!
ゾクゾクさせてくれる疾走感を生むギター・リフ、パワフルな ボーカル、
そして、スティーヴ・ハリスのバキバキと唸るベースに
完全にやられてしまいました!



「ウォ~、これが本物のへヴィ・メタルか~!!」
と、興奮しながらイッキに全曲聴いたものでした。
この日から、へヴィ・メタルに目覚めまして、アイアン・メイデンの作品は
もちろんのこと、ジューダス・プリーストサクソンなどのへヴィ・メタル・バンドを
聴きあさるようになっていったのである!
重いギター・リフ、気持ちよくなる疾走感に病み付きになってしまった!

授業中に、メイデンやジューダスの曲を思い出しては、
軽くではあるがへッド・バンキングをしていたようで、
後ろの席の子から笑われたりもしていました・・・(笑)

先日、聴いたアイアン・メイデンアルバムはやはり、へヴィ・メタルの
素晴らしさを教えてくれた「パワー・スレイヴ~死界の王、オシリスの謎」である!
「何年経っても、この疾走感は気持ちイイな~」
と、久々にへッド・バンキングをしながら聴いていたのであった・・・(笑)

頭がクラクラしてしまいましたが・・・(苦笑)




ボズ・スキャッグス 「ミドル・マン」

先日、いつもナイスな記事で楽しませてもらっている方のブログに
ボビー・コールドウェルについての記事がアップされており、
それを読んでいて、私が20代前半のイケイケ状態だった頃を思い出した。

それで、久しぶりにボビー・コールドウェルの作品を聴いてみたが、
なんか、背中がくすぐったくなるような気持ち悪い感覚になってしまい
途中で聴くのを止めてしまいました・・・。

今はどうもまったりとしたお洒落なAOR
サウンドは受け付けなくなっているようです。

そこで、当時ボビー・コールドウェルの作品と同様にドライブ・デートには
欠かせない存在のボーカリストの作品を聴いてみることにした。

ボズ・スキャッグス 「ミドル・マン」である。



1980年発表の作品です!

このカッコいいジャケット同様のお洒落でセクシーなサウンドが聴ける
ナイスなアルバムに仕上がっている!!

バック・ミュージシャンにはTOTOのメンバーやデヴィッド・フォスター
、ゴースト・バスターズのテーマ曲でお馴染みレイ・パーカー・Jr
そして、M-4「トワイライト・ハイウェイ」で素晴らしい泣きのギター
を弾いている、ご存知カルロス・サンタナなどが参加している。

TOTOの1st のようなサウンドにボズ・スキャッグスのソウルフルな歌声が
絡むという最高にお洒落で洗練されたロック・アルバムです!!

ボビー・コールドウェルよりロック色が強いサウンドということもあり
ボズ・スキャッグスの方が私は好きでした!

このアルバムを聴きながらのナイト・ドライブは非常に気持ちよくて、
この気持ちよさを味わいたくて一人でもドライブに出かけたぐらいでした。
サイド・シートに仲良くなりたての女の子が座っていたら・・・
「今夜はこの必殺のサウンドと俺のxxxでメロメロにさせてやるぜ!」
なんてアホな事を考えながら運転していました(笑)



そんな、アホな事を思い出しながら久しぶりに聴いていたが、
この作品は今でも気持ちよく聴けましたよ!
嫁をナイト・ドライブに誘いたくなってしまいました(笑)


大爆笑!!  つボイノリオ 「あっ超ー」

連休も終わり今日から仕事が始まった!  頑張るぞ!!

昨日の夕方ぐらいから軽い憂鬱状態になりまして・・・(苦笑)
「これはイカン。少しでも笑って気持ちを解さねば!」
と思いまして、聴けば爆笑できてしまう地元愛知県出身のタレントである
つボイノリオのベストアルバム「あっ超ー」を聴いた!


あっ超ー


つボイノリオがパーソナリティーを務めるラジオ番組「聞けば聞くほど」を
長年、聞ける時はなるべく聞いて楽しい時間を過ごさせてもらっている!
センスの良い!?下ネタが爆笑を誘う楽しい長寿番組である。
そんな彼が発表した迷曲!?は歌詞が楽しく、当時は発売してすぐに
放送禁止になる強烈なインパクトを持つ曲を生み出していた(笑)
中でも「金太の大冒険」は名曲でありまして
女優の天海祐希もカラオケで熱唱するという噂である!
ぜひ、御一聴を!!
 


その他にもレコードの針飛びを上手に!?使い笑える歌詞になっている
私のお気に入りソングである「飛んでスクランブール」や、
バラードでしんみりさせてくれると思いきや、笑わしてくれる
「極付け!お万の方」などなど ・・・、最高に楽しく聴けて
爆笑間違いなしであろうコミック・ソングが詰め込まれている!





昨日も「あっ超ー」を笑いながら聴くことができて憂鬱な気分も吹き飛んで
今日も
元気に仕事に励む事ができたのであった。


ド迫力!! グランド・ファンク・レイルロード 「ライヴ・アルバム」

昨日、外出していた嫁さんに頼まれて、我が家では連休恒例の
換気扇掃除に励んでいた。掃除、結構好きなんですよ!
嫁さんも私の掃除好きを知っているので気軽に頼んできます・・・(笑)
換気扇掃除だけの予定だったのだが、キッチンが気になりだした・・・。
そう、今度はキッチンの掃除を開始! シンクはもちろんのこと、
冷蔵庫にレンジなどをキレイに拭き掃除する。ここまでやると、
「今日は天気も悪いし、掃除デーにしちゃおう!」
と思い、トイレ、風呂、洗面所の水廻りの掃除に取り掛かり、
仕上げは掃除機&床の雑巾掛けでとりあえず終了することにした。
窓拭きなども残ってたけど・・・ やめときました。

そして、一息ついたところで大好きなミュージック・タイム!
掃除中も音楽はかけていたのだが、BGMになってた程度でしたから。

さて、掃除を終えて清々しい気分と心地良く疲れた体には、
「やっぱり、スカッとするロックだよな!」
と思いまして、ヴァン・ヘイレンを聴こうと思ったのだが、
グランド・ファンク・レイルロードのCDが目に留まった。
「久しぶりにコイツらのサウンドで熱くなろうか!」
ということで、グランド・ファンク・レイルロード 「ライヴ・アルバム」を聴いた!



1970年に発表された作品です!

いや~、最初からハイ・テンション&凄まじい演奏でいきなり熱くなれる!
観客の熱い歓声もサウンドに負けないぐらいの熱さだ!
ダイナミックかつスリリングで息苦しくなるぐらいのブ厚いサウンドが
聴く者を圧倒してねじ伏せるような勢いで迫ってくる!
強烈で凄まじいエネルギーがビンビンと音から伝わってくる!
とにかくド迫力で凄まじいサウンドなのである!!
M-9 「T.N.U.C」で聴ける ドン・ブリューワー のドラム・ソロには
度肝を抜かれてしまう。まさに圧巻のドラミングである!! 
ハード・ロックのライヴ盤では間違いなく名盤の1枚でしょう!
 
聴き終えた後はスカッとしたのだが、あまりのド迫力なサウンドに
疲れが増したような感が・・・。 歳とったのかなぁ (苦笑)
コイツらのサウンドをジジィになっても聴いておれるぐらいの
感性は失いたくないものなのだが・・・。




プロフィール

ぶらうん佐藤

Author:ぶらうん佐藤
ジャンルを問わず音楽を聴くのが
大好きな50代のオッサンです。
音楽って良いですね~♪

フリーエリア

カテゴリ

CAB (1)
DIO (1)
TEN (1)
TNT (1)
U2 (1)
YES (1)
CBA (1)
B'z (1)
RX (1)

QRコード

QR

検索フォーム

ブロとも申請フォーム